不動産をするなら知っておきたいこと

収益用不動産の金利上昇リスク

収益用不動産の金利上昇リスク 金利上昇は、経済に関するあらゆる事象に影響を与えます。それは、投資方法の中では比較的安定して収益を得られる不動産に関しても同様です。今後東京五輪などの大きなイベントによって金利が上昇し、それによって不動産投資におけるリスクが高まる可能性があります。
金利上昇によるリスクとしては、金利の上昇そのものによるリスクと、上昇後の反動で下落することによるリスクなどが挙げられます。まず、前者においては、金利が上昇することで基本的には不動産の価格が上がるため、購入する人が減ります。そうすると、これまで収益を生み出していた顧客が減るため、投資による収益も減ることになります。
また、後者においては、保有していた不動産の価格、あるいは価値が上がり続けることによって、それを売却して得られる収益が存在するはずが、売却するタイミングを間違えると、あっという間に価値が下落して損失を被ることになります。
金利上昇は必ずしも悪いことではありませんが、投資を行う上ではデメリットも必ず押さえておくことが大切です。

不動産の利回り上昇したのに賃料が同じだったら…

不動産の利回り上昇したのに賃料が同じだったら… 不動産で資産運用をするときに指標に使うのが利回りです。よく想定している考え方は持っているマンションなどが満室となったときの年間賃料をマンションの価格で割った数字です。これが高いほど投資に向いていると考える人も多くて、これが上がっても賃料が同じだと損をするような感じもします。
しかし、表面の利回りとリスクは反比例します。高い物件ほど投資リスクも高くて、例えば満室で年間賃料の収入が同じ金額でも便利な場所で好立地にある物件と不便な場所にある物件だと、便利なだ場所だと入居者希望者も多く満室状態が多く将来的にも賃料の値上げなども見込めますが、不便な場所だと空室率も高くて、賃料の下落リスクや空室リスクなどたくさんのリスクがあります。
これだと例え利回りが上昇しても、不便な場所でリスクが高い物件だと賃料を上げることも難しく、むしろ入居者を獲得するために賃料を下げる必要もあります。
上昇したからといって不動産の賃料を変えるのは物件の状況によっても異なってきます。

新着情報

◎2018/5/8

資格取得から挑戦してみよう
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産登記の流れ
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

不動産バブルはなぜ弾けたの?
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

人気エリアの変動ぶり
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

不動産に投資をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 金利」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@Mariage1010 ありがとうございます! やはり、変動多いみたいですね!不動産屋も大半は変動だって言ってました。、金利低いの、ほんっと魅力的〜〜😭

Twitterみい@1y娘、食欲大魔神@2018mi_mama

返信 リツイート 21:13

返信先:@kishin_inc 日本の不動産は制度的に旧英国支配圏と比べて劣るものの、世界的に見てかなりマシなほうです。この短期金利で、しかも借地借家法の元での家賃の下方硬直性を考えると、東京の表面利回り平均15%近いという想定はよく理解出来ません。

Twitter月経ヴェリタス@KusoBBhikene

返信 リツイート 20:30

不動産投資が気になってるなら 今から生命保険のかわりに 私的年金にして節税対策 低金利の時代に上回る利回り これからの安定のために 無料の資料だけでももらって 相談するパイプがあってもいいもの ⇨ mttag.com/s/yYb-ehz_qsY

Twitterいいことづくめ@@d5J5R5H2nqcvqyn

返信 リツイート 20:19

債券は発行体がデフォルトした際に予定通り元利金が払われない信用リスクがあるが、株式に優先して償還されるので株式より低リスク。貸付金や不動産より流動性が高いが金利や信用度の変動により価格変動リスクがある。但し満期保有目的の場合は信用リスクの方が重要。外貨建債券には為替リスクが伴う。

空室自体のリスクもあるけど、空室になって家賃を下げると、家主にとっては当初期待していた利回りを下回るのに、不動産屋はリスクを負わずに一定割合で手数料とれるし、修繕費は当然年々高くなるはずだし、修繕費の滞納とかもあるって話だし。当然ローン組むと銀行に金利分持ってかれるしな。

不動産投資のデメリットとして以下の5つが考えられます。 やり直しが効かないリスク 家賃滞納・空室率の上昇のリスク 自然災害のリスク 金利の上昇に弱い 老朽化への対策

Twitter中井と不動産投資講座@fud_dousan

返信 リツイート 18:44

明確な目的意識をもって貯金を増やすという行動は、今後金利が上がり不動産価格が下がること、社会的格差が広がっていくこと、将来の自分のおちんぎんが経験や人脈や自己投資によっては増えそ’う’に’な’い’こと、といった人々の予想を反映していると考えられている。

独身の友人は保険に何も入らず頑張って数百万貯めて、不動産買って団信に入った。金利上がってもガンの保証もいれた。最低限の死亡保障とガン保障を入居者に払ってもらってるようなもんだと言ってたなあ。( ˘ω˘ ) 個人年金はまた別。結婚したら追加に考えると。 #NewsPicks president.jp/articles/-/276…

金融商品における超低金利のデメリットが、不動産投資には逆にメリットになっているのです(●´-`●)超低金利でローンを組めば、少ない投資で大きな利益を得る事が出来るチャンスなのです♪ 詳しくは goo.gl/oGhHQ

Twitterゆうたん(*>ω<*)@yuutann13579

返信 リツイート 18:15

超低金利の時代が長く続いた結果、まともな利回りが計算できる金融商品がない一方、不動産の価格が下がって中古の投資用のマンションなら2~300万円程度で購入できるのです!

Twitterゆうたん(*>ω<*)@yuutann13579

返信 リツイート 17:15